C++

Optimized C++ 読書会 vol.1 感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Optimized C++ 読書会 vol.1に参加して読書してきました。
参加者が普段より多く(普段は10人以下)にぎやかでした。
vol.1で第1章は読み終わると思っていたのですが、人が多めだったおかげか雑談が盛り上がって(それはそれで面白い)読み終わりませんでしたw

まずアーキテクチャの話でMOVがチューリング完全という話で盛り上がり、
未定義動作の話が出て、sanitizerで盛り上がり、
大阪C++読書会の醍醐味はやっぱり雑談ですね~。

まだ第1章を読んでる途中ですが、内容をまとめると「最適化は怖くないよ」って感じですかね。
最適化をするなっていうのが言われてますけど、最初から最適化できるならしたらええねんってニュアンスのことが書いてありましたね。
そして、良いコンパイラ、良いアルゴリズムを使えと続きます。
確かにココ数年でコンパイラの最適化の進化は著しいイメージありますね。
アルゴリズム改善はコードを少しいじったのとは比べられない程速度アップしますしね~。

最後に「C++お悩み相談室」っていうのコーナーが15分あります。
C++に関するお悩みがある人がいれば、それについて誰かがズバッと答える、
ズバッと答える人がいなければ、みんなで議論するというコーナーです。
今日は、参加者の一人が友達からLINEで相談を受けたが、
質問が解読できないとお悩みでした。
実際に大阪C++読書会のメンバーがことごとく質問をパースできず(日本語が読めず)、
パースエラーとの結論になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください